広島の原子爆弾(ばくだん)は、大量(たいりょう)のウランを一瞬(いっしゅん)のうちに核分裂(かくぶんれつ)させたエネルギーで、人や建物(たてもの)被害(ひがい)をあた(あた)えることを目的(もくてき)にした兵器(へいき)です。大規模(きぼ)爆発(ばくはつ)を起こし、爆風(ばくふう)熱線(ねっせん)放射線(ほうしゃせん)高熱(こうねつ)火災(かさい)で多くの人がな()くなりました。
通常(つうじょう)爆弾(ばくだん)と大きく(こと)なる点は大量(たいりょう)放射線(ほうしゃせん)が放出され、人体に深刻(しんこく)影響(えいきょう)(あた)えたことです。放射線(ほうしゃせん)による病気で()くなった人も(ふく)め、1945年12月(まつ)までに(やく)14万人の方が()くなりました。 


▲チェルノブイリ原子力発電所発電施設(しせつ)(2007年)
※写真:ウィキメディア・コモンズ

もっとも深刻(しんこく)な原子力発電所の事故(じこ)として知られているのは、1986年に(きゅう)(れん)現在(げんざい)のウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所で起こった事故(じこ)です。発電所の周辺(しゅうへん)は高濃度(のうど)放射(ほうしゃ)(せい)物質(ぶっしつ)汚染(おせん)され、現在(げんざい)居住(きょじゅう)することができません。この事故(じこ)では、ウランに換算(かんさん)して3,600kgの(かく)燃料(ねんりょう)から200kgの放射(ほうしゃ)(せい)物質(ぶっしつ)(※)が大気中に放出されたと考えられています。
※ウラン235に換算(かんざん)
福島第一原子力発電所からは、事故(じこ)の後1カ月でチェルノブイリ原発事故(じこ)(やく)10%の放射(ほうしゃ)(せい)物質(ぶっしつ)が放出されたとみられています。(平成23年4月12日経済産業省発表による)

 


事故(じこ)前の東京電力福島第一原子力発電所
※写真:ウィキメディア・コモンズ

原子力発電は、核分裂(かくぶんれつ)によるエネルギーを利用(りよう)して発電するしくみです。通常(つうじょう)は、核分裂(かくぶんれつ)によってできた放射(ほうしゃ)(せい)物質(ぶっしつ)厳重(げんじゅう)()()められていますが、東京電力福島第一原子力発電所では、大規模(きぼ)地震(じしん)津波(つなみ)冷却(れいきゃく)装置(そうち)(こわ)れ、発生した水素(すいそ)爆発(ばくはつ)しました。(かく)燃料(ねんりょう)自体が爆発(ばくはつ)することはありませんでしたが、爆発(ばくはつ)建物(たてもの)などが(こわ)れ、本来は原子()の中に()()められているはずの放射(ほうしゃ)(せい)物質(ぶっしつ)()()り、空気や水、大地などを汚染(おせん)しています。

▲福島で東京電力の職員しょくいんと車の放射線ほうしゃせんりょうを調べる広島大学緊急きんきゅうばく医療いりょう派遣はけんチーム
※写真:広島大学

福島の事故(じこ)の後、原子力発電所周辺(しゅうへん)以外(いがい)で、今すぐ住民(じゅうみん)健康(けんこう)(がい)するほど高濃度(のうど)放射線(ほうしゃせん)観測(かんそく)されている場所はありませんが、少量(しょうりょう)放射線(ほうしゃせん)が長い期間(のこ)った場合の人間への被害(ひがい)については十分なデータがなく、専門(せんもん)家の間でも意見が分かれていて、住民(じゅうみん)不安(ふあん)が高まっています。広島の原爆(げんばく)の後も、どのくらいの放射(ほうしゃ)(せい)物質(ぶっしつ)が放出され、どのくらいのエリアに広がったかといったことは分かっていません。後世のために長期間の調査(ちょうさ)必要(ひつよう)です。