「ヒロシマから」のページへ戻る 21世紀サダコストーリーページへ タイトル「サダコと原爆」 キッズ平和ステーションのトップページへ
1945(昭和20)年へ 1949(昭和24)年へ 1955(昭和30)年へ 「原爆の子の像」誕生へ 世界へ伝えるサダコの願いへ
もどる
佐々木理髪店(ささきりはつてん)
赤ちゃんがうまれた。


 1943(昭和18)年があけてまもない1月7日の真夜中、広島の佐々木理髪店に女の子がうまれました。

 「禎子(さだこ)」という名前は、お父さん、お母さんが、元気に育つようにと願いをこめて、店のお客さんの姓名判断(せいめいはんだん)の先生にたのんでつけてもらったものです。


戦争がみんなのくらしをかえていった。

 戦争が長引くにつれ、人々のくらしは苦しくなっていきました。サダコさんがうまれた年、お父さんは兵隊に行くことになりました。そして、広島の陸軍病院でけがや病気になった兵士たちを看護(かんご)する衛生兵(えいせいへい)になりました。

 お父さんがいない間、お母さんが親せきの人にてつだってもらいながら理髪店をつづけていました。


 
そのころの日本
広島と戦争
戦争中の人々の暮らし
原子爆弾の開発
サダコさんの家族
お父さんの繁夫(しげお)さん(うしろの列右端)
お母さんのフジ子さん
ひざにだかれているのがサダコさん(まん中の列右から2人目)
おばあさん(お父さんのお母さん)のマツさん(まん中の列右から3人目)
お兄さんの雅弘(まさひろ)さんはまだ2さい (まえの列右から3人目)
(1943年10月ごろ、提供:佐々木繁夫)
1945(昭和20)年へつぎのページへ