「ヒロシマから」のページへ戻る 21世紀サダコストーリーページへ タイトル「サダコと原爆」 キッズ平和ステーションのトップページへ
1949(昭和24)年へ 1955(昭和30)年へ 「原爆の子の像」誕生へ 世界へ伝えるサダコの願いへ
もどる

それは、暑い夏の朝だった。

 1945(昭和20)年ころになると、日本各地の都市にアメリカの飛行機が飛んできて爆弾(ばくだん)を落とすようになりました。空襲(くうしゅう)です。広島にも飛行機が飛んできて、そのたびにサイレンが鳴り、人々は防空壕(ぼうくうごう)避難(ひなん)しました。

灯りについて防空ずきんについてちゃぶ台について
絵をクリックすると説明がでます。

 8月6日の朝も、7時すぎに空襲警報(くうしゅうけいほう)のサイレンが鳴りましたが、しばらくして解除(かいじょ)され、人々はいつもの生活にもどりました。 サダコさんとおばあさん、お母さん、お兄さんの4人は、朝ごはんを食べていました。

 そのときでした。

 「ピカッ」と、目もくらむような光が広がり、それにつづいてすさまじい爆風(ばくふう)が家族を(おそ)いました。

原子雲 撮影:米軍


黒い雨がふってきた。

 家のかべがくずれ、サダコさんたちはとばされました。お兄さんとおばあさんはけがをしましたが、サダコさんとお母さんは奇跡的(きせきてき)にも無事でした。そして、なんとかこわれた家からそろって()げだすことができました。サダコさんたちは、川のほうへ逃げました。でも、わすれものを取りに家にひきかえしたおばあさんは、そのままもどってきませんでした。

 あちらこちらから火事が出ました。火事をさけるために小さな古い船にのせてもらいました。サダコさんのお兄さんはこのとき4さいでしたが、船に入ってくる水を一生懸命(いっしょうけんめい)くみだしたことを覚えているそうです。

 その途中(とちゅう)、雨がふってきました。しかも、その雨は、サダコさんの白いきものに点々と黒いシミをつけました。

黒い雨を飲む人々
宮地臣子 絵


おばあさんが亡くなった。

 お父さんは、陸軍病院の疎開(そかい)によって、広島県北部の三次(みよし)市へいっていました。しかし、救援隊(きゅうえんたい)として、広島に帰り、被爆(ひばく)した人々のためにテントを立てたり、けがをした人を助けたりしました。9日になって、やっと時間のとれたお父さんは、焼けた自分の家にもどり、おばあさんが()くなったことを知りました。
   
1949(昭和24)年へつぎのページへ