広島に落とされた原爆
   


被爆
1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、広島に投下された原子爆弾(ばくだん)は、地上600mの上空でさくれつしました。 原爆(げんばく)によって()くなった人の数は正確(せいかく)にはわかりませんが、1945(昭和20)年12月末までに約14万人(±1万人)が()くなったと推定(すいてい)されています。

被爆(ひばく)後の広島市のようすを見る
※マウスポインタで画面の左右をクリックしてみたください。360度見ることができます。
被爆(ひばく)2カ月後の広島
撮影(さつえい):ハーバート・F・オースチン Jr
寄贈(きぞう):ブレッド・M・オースチン氏
所蔵
(しょぞう)
:広島平和記念資料館
被爆(ひばく)後のようすを見るにはDownload QuickTime 4
QuickTime 4 が必要です。

原爆被害(げんばくひがい)の特ちょう

原子爆弾(ばくだん)は、それまでの爆弾(ばくだん)とはまったくちがっていました。
爆発(ばくはつ)瞬間(しゅんかん)、ものすごい温度の熱線と放射線(ほうしゃせん)発生(はっせい)しました。そして、温度が上がって周囲の空気がぼうちょうし、すさまじい爆風(ばくふう)をまきおこしたのです。さらに、これらが複雑(ふくざつ)に関係しあって、被害(ひがい)をさらに大きくしました。
この熱線、爆風(ばくふう)放射線(ほうしゃせん)の三つのエネルギーによって、瞬間的(しゅんかんてき)に、そして無差別に、大量の破壊(はかい)・殺りくが引き起こされました。

 
原爆(げんばく)によって発生(はっせい)したエネルギーの内訳(うちわけ)
それぞれのボタンで被害についてみることができます。