サダコの病床記録

サダコさんは白血病と知っていたのか?

サダコさんが白血病になったころ、まだ白血病をなおす治療法(ちりょうほう)はありませんでした。病院の人たちも家族も、サダコさんに病名を知らせませんでしたが、サダコさんはひそかに血液検査(けつえきけんさ)の結果 を()きとめていました。(正常(せいじょう)な白血球の数は、1ミリ立方あたり約4000~8000()ですが、白血病になると、一般 的(いっぱんてき)には白血球の数が()え、10万個(まんこ)をこえることもめずらしくないといわれます。)
●サダコさんの病床(びょうしょう)記録
この記録は、サダコさんがなくなった直後、フトンの下から見つかりました。
寄贈(きぞう)
佐々木繁夫
所蔵(しょぞう)
広島平和記念資料館(しりょうかん)