世界のヒバクシャ

今もヒバクシャはふえつづけている。

戦争で核爆弾(かくばくだん)実際(じっさい)に使われたのは、太平洋戦争での広島、長崎(ながさき)に落とされた2(はつ)の原子爆弾(ばくだん)だけです。しかし、その後の50年間に、世界の核兵器(かくへいき)は地球上の生物を何度も絶滅(ぜつめつ)させるほど増えてきました。そうしたなかで、世界中で放射線を受けた「ヒバクシャ」も()えてきたのです。たとえば、ソ連の核実験(かくじっけん)が約470回も行われたセミパラチンスク(現在(げんざい)のカザフスタン共和国(きょうわこく))には100万人(まんにん)以上のヒバクシャがいるといわれます。このほかにも、核実験(かくじっけん)の行われた南太平洋の島々などにたくさんのヒバクシャが生まれました。爆発(ばくはつ)をともなう核実験(かくじっけん)は禁止されましたが、今後も、放射線漏(ほうしゃせんも)れなどの事故によって、ヒバクシャは増えていく可能性があります。
核実験(かくじっけん)が行われた主な国や地域(ちいき)
自然や人間に悪い影響(えいきょう)を残す核実験(かくじっけん)は、これまでに2000回以上も行われています。