放射能の混ざった雨にあった人は影響をうけたの

放射能の混ざった雨がかかると、体にどんな影響があり
ますか?

 
 ご質問の放射能の混ざった雨とは、被爆後、広島の北西の方に降った「黒い雨」のことだと思います。「黒い雨」については、「キッズ平和ステーション」の 「放射線による被害」のところを見てくださいね。

 被爆直後の調査によると、「黒い雨」のふった地域のなかには、自然界にある放射線の量と比べて、とても高い値をしめすところがありました。1945年10月に、そういう地区の一つに住む人たちの体の調子を調べた結果、体がだるくなった人や頭痛になった人や血液のなかにある白血球が増えた人などが見られたという報告があります。

質問リストにもどる