平和を守るために開かれている国際会議について教えてください。

平和を守るために開かれている国際会議には主にどんなものがありますか?
環境保護(かんきょうほご)のための会議も平和のための会議といえますか?

 

 
  さまざまな団体が平和のための会議を行なっていますが、その中から広島市が積極的にとりくんでいる「世界平和連帯都市市長会議」と、ノーベル平和賞を受賞した「パグウォッシュ会議」の2つを紹介(しょうかい)します。

   「世界平和連帯都市市長会議」については、ヒロシマ・ピース・サイトの「世界平和連帯都市市長会議」にくわしくのっているので、見てください。
世界平和連帯都市市長会議

   「パグウォッシュ会議」(科学と平和問題に関する会議)は、世界の科学者による国際的な平和会議です。この会議は、核戦争をはばむために、国際紛争(こくさいふんそう)を平和に解決し、戦争のない世界を(きず)くことを訴えた「ラッセル=アインシュタイン宣言」(1955年)を実現させるために作られ、年1・2回の割合で、世界のさまざまな場所で開かれています。1995年にはこの活動が評価され、会議の関係者のジョセフ・ロートブラット氏とパグウォッシュ会議にノーベル平和賞が(おく)られました。

   「平和」はとても広い意味で使われている言葉です。環境保護(かんきょうほご)の会議でも、貧困(ひんこん)や人口についてどう取り組んでいけばよいのか、という問題が話しあわれます。そういった、地球規模(ちきゅうきぼ)の問題をとりあげて、これからよりよく人類が()らしていくには、どうしたらいいのか、ということを考えるという点で、環境保護の会議も広い意味での「平和」のための会議といえるのかもしれませんね。


質問リストにもどる