放射線と放射能ってどう違うの?

すべての物質はいろいろな原子というものが集まってできています。
その原子の中心にある原子核が分裂して別の物質にかわるときに出すのが「放射線」です。
「放射能」とは、「放射線を出してほかの物質に変わりやすい力(性質)」のことです。
ウランのように放射線を出してほかの物質に変わりやすい質(能力を持った)の物質「放射性物質」と言います。
これを花火にたとえると
下の絵のようになります。

自然の状態でも、いろいろな物質の原子核が分裂して放射線を出していますが、すごく少ない量なので人の体への影響はほとんどありません。

質問リストにもどる