広島のまちづくりとは?
広島市は、「水と緑と市民が輝き、世界の人々に勇気と希望をもたらす活気のある都市 国際平和文化都市」をめざしてるそうですが、
ぐたいてきには、なにをしているんですか?おしえてください。


 
 広島は、都市像(理想とする都市のイメージ)に「国際平和文化都市」をかかげています。

 この都市像を実現するために、広島市は多くの事業を行っています。ここでは「国際平和文化都市」の実現に向けた代表的な事業を紹介(しょうかい)します。

○ 河岸緑地を整備しています
広島市内にはいくすじもの川が流れています。水と緑を生かした美しい都市をつくるため、市民が散策(さんさく)などできるよう、また広島を訪れた人が憩えるよう、河岸緑地を整備します。

○ ゼロ・エミッション(ごみゼロ)社会をめざした取り組みを進めています
ペットボトルなどのリサイクル、大型ごみの収集の有料化などにより、市民、企業、行政が協力して理想とするゼロ・エミッション社会をめざした取り組みを進めています。

○ 市民のまちづくり活動を支援(しえん)しています
まちづくりに取り組もうとする市民の相談に応じたり、情報提供を行うことなどで、まちづくりボランティアの総合支援を行っています。また、市民のまちづくり活動の拠点(きょてん)となる施設の整備を進めています。

○ 市民の文化活動を支援(しえん)しています
市民のオペラ鑑賞(かんしょう)の機会の提供や地域オペラ団体の育成などにより、総合舞台芸術であるオペラの定着を図っています。また、文化施設やスポーツ施設等の予約や案内などを行う情報システムを整備します。

○ 被爆体験(ひばくたいけん)を継承(けいしょう)、核兵器の廃絶(はいぜつ)に取り組んでいます
広島を訪れる修学旅行生に対する修学旅行生への被爆証言講話等の実施や国内外での原爆展の開催、旧日本銀行広島支店などの被爆建物等の保存に取り組み、次の世代に被爆体験を伝えています。
また、世界中の500の都市からなる世界平和連帯都市市長会議のネットワークを活用して核兵器の廃絶などを訴えています。

○ 留学生を支援します
留学生のための居室などを備えた広島市留学生会館を整備し、広島で学ぶ留学生の生活を支援するとともに、市民との交流を進めます。

○ 人・もの・情報の交流を活性化させます
メッセ・コンベンション(見本市・会議等)の開催・誘致(ゆうち)を進めるため、南区出島地区で大規模な見本市や展示会の会場となる施設の整備に向けて取り組みを進めています。
また、地下街の建設や市街地の再開発に取り組み、街ににぎわいを創り出します。

この他にも広島市はたくさんの事業をしています。これらの事業は多かれ少なかれ「国際平和文化都市」の実現につながるものです。広島市ホームページの「広島市総合計画」(アドレスは下記のとおりです)も見てください。

http://www.city.hiroshima.lg.jp/
www/contents/1391050531094/index.html




質問リストにもどる