61 旧日本銀行広島支店
爆心地(ばくしんち)からの距離(きょり)380m
 1936(昭和11)年に建てられたこの建物(3階建・地下1階)は、地震(じしん)()えられる設計が(ほどこ)され、がんじょうに造られていました。被爆時(ひばくじ)、1・2階はよろい戸を()じていたため内部は大きな被害(ひがい)はありませんでしたが、3階は開けていたため大きくこわれました。負傷者(ふしょうしゃ)収容所(しゅうようじょ)となる一方で、早くも8月8日から仕事を再開しました。2000(平成12)年に広島市指定重要文化財に指定され、2001年(平成13年現在、この建物の保存活用方策(ほうさく)検討(けんとう)されています
ウインドウを閉じる