広島平和記念公園・周辺ガイド
平和記念公園およびその周辺には、たくさんの慰霊碑(いれいひ)祈念碑(きねんひ)があります。
その一部をご紹介(しょうかい)します
紹介(しょうかい)している慰霊碑(いれいひ) など
本川小学校平和資料館
本川橋
3 義勇隊の碑
4 広島二中原爆慰霊碑
5 広島市商・造船工業学校慰霊碑
6 相生橋
7 平和の時計塔
8 平和の鐘
9 原爆供養塔
10 平和の石燈
11 韓国人原爆犠牲者慰霊碑
12 被爆した墓石
13 平和の観音像(中島本町町民慰霊碑)
14 中島地区〔原爆被災説明板〕
15 平和の泉
16 原爆の子の像
17 レストハウス
18 平和の灯
19 平和の池
20 原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)
21 旧天神町北組慰霊碑
22 材木町跡碑
23 峠三吉詩碑
24 被爆したアオギリ
25 全損保の碑
26 平和記念公園
27 広島平和記念資料館
28 朝鮮民主主義人民共和国帰国記念時計
29 マルセル・ジュノー博士記念碑
30 祈りの泉
31 嵐の中の母子像
32 平和の像「若葉」(湯川秀樹歌碑)
33 原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑
34 友愛碑
35 広島市立高女原爆慰霊碑
36 旧天神町南組慰霊碑
37 平和大橋・西平和大橋
38 原爆ドーム
39 中国四国土木出張所職員殉職碑
40 広島県地方木材統制株式会社慰霊碑
41 原民喜詩碑
42 動員学徒慰霊塔
43 爆心地・島病院〔原爆被災説明板〕
44 元安橋
45 広島郵便局職員殉職碑
46 原爆犠牲建設労働者・職人之碑
47 原爆犠牲ヒロシマの碑
48 広島ガス株式会社原爆犠牲者追憶之碑
49 石炭関係原爆殉難者慰霊碑
50 広島県農業会原爆物故者慰霊碑
51 被爆動員学徒慰霊慈母観音像
52 平和の門
53 ノーマン・カズンズ氏記念碑
54 ローマ法王平和アピール碑
55 地球平和監視時計
56 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
57 バーバラ・レイノルズ氏記念碑

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

大きな画像(360°)を見てみよう
平和記念公園
完成年月日 1954(昭和29)年4月1日
現在の平和記念公園一帯(中島地区)は、江戸時代(えどじだい)から陸海の交通 の要衝(ようしょう)として栄えていました。また、明治になると、市庁舎(しちょうしゃ)県庁舎(けんちょうしゃ)のほか、広島の物流の拠点(きょてん)となるなど、政治・行政・商業の中心となりました。
被爆時(ひばくじ)のこの地区7町の住民は、合計で6,500人と推定(すいてい)されています。
1945(昭和20)年8月6日、人類史上初めて投下された原子爆弾(げんしばくだん)は、この地区の頭上で炸裂(さくれつ)しました。地区の住民はもとより、当時この付近で建物疎開作業(たてものそかいさぎょう)従事(じゅうじ)していた多くの国民義勇隊や動員学徒が非業(ひごう)の死を()げ、街()みも一瞬(いっしゅん)のうちに消え去りました。
1949(昭和24)年8月6日の「広島平和記念都市建設法」の制定にともない、この地区一帯は平和記念施設(へいわきねんしせつ)として整備されることとなり、現在の平和記念公園に生まれかわりました。
公園面積は約122,100平方メートル(約37,000(つぼ))。設計は、丹下健三(たんげけんぞう)東大(とうだい)助教授(じょきょうじゅ)(当時)ほか3名の共同作品で、設計競技による145点の中から入選したものです。
公園の南端(なんたん)には、広島平和記念資料館(東館・本館)と(なら)んで、広島国際会議場があります。
(資料:「慰霊碑解説のしおり」(『被爆体験証言者交流の集い』 編)