ご注意ください。
 
比治山に完成まじかなABCC 提供/中国新聞社

ABCCの設置
 原爆(げんばく)の人体への影響(えいきょう)を長期的に調べるため、1947年(昭和22年)にABCC(原爆(げんばく)傷害(しょうがい)調査(ちょうさ)委員会(いいんかい))が広島・長崎(ながさき)両市に設けられました。1951年(昭和26年)、市内比治山の高台に移り本格的な施設(しせつ)が整いましたが、市民からは「研究、調査するだけで治療行為(ちりょうこうい)をしない」と、その活動方針(かつどうほうしん)批判(ひはん)する声もありました。
 1975年(昭和50年)に日米対等で管理・運営されることになり、(財)放射線(ほうしゃせん)影響(えいきょう)研究所(けんきゅうじょ)(RERF)として改組(かいそ)されました。
 ◆RERFの歴史を見る