ご注意ください。
 
平和記念式典と平和宣言(へいわせんげん)
 毎年8月6日には、原爆(げんばく)犠牲者(ぎせいしゃ)のめい福を祈り、核兵器(かくへいき)廃絶(はいぜつ)と世界恒久(こうきゅう)平和の実現を願って、平和記念公園の原爆(げんばく)死没者(しぼつしゃ)慰霊碑(いれいひ)(広島平和都市記念碑)の前で平和記念式典(広島市原爆(げんばく)死没者(しぼつしゃ)慰霊式並びに平和祈念(きねん)式)が行われ、広島市長が世界に向けて「平和宣言」を発表します。また次代を(にな)う子どもの代表が「平和への誓い」を読み上げ、鳩が放たれます。この行事は1947(昭和22)年に開催された平和祭に始まりました。当初は約3千人の参列でしたが、反核(はんかく)運動や平和を求める機運(きうん)の高まりとともに参加が増え、現在では国内外から5万人以上が参列して厳粛(げんしゅく)に行われています。

原爆(げんばく)死没者(しぼつしゃ)名簿の奉納(ほうのう)
  過去1年間で新たに死亡が確認された被爆者の名前を書き加えた原爆(げんばく)死没者名簿が、原爆(げんばく)死没者(しぼつしゃ)慰霊碑(いれいひ)の中央にある石室に奉納(ほうのう)されます。

原爆死没者(しぼつしゃ)名簿の奉納(ほうのう)
写真をクリックしてください。
原爆(げんばく)死没者(しぼつしゃ)慰霊碑(いれいひ)を表示します。

平和宣言を発表する広島市長(2012年8月6日)

平和宣言を読む