(しん)ちゃんの三輪車
伸ちゃんの三輪車 被爆したところ:東白島
爆心地から約1,500メートル
鉄谷信男 寄贈
 鉄谷信男さんの 長男(ちょうなん)伸一(しんいち)ちゃん(当時3(さい)11か月)は、東白島町の自宅(じたく)前で、三輪車に乗って遊んでいるときに被爆(ひばく)しました。全身に火傷(やけど)を負い、「水、水……」とうめきながらその夜死亡(しぼう)しました。
 翌日(よくじつ)自宅焼け跡(やけあと)で長女路子(みちこ)ちゃん(当時7歳)、次女洋子ちゃん(当時1歳)の遺骨(いこつ)を見つけた信男さんは、伸一ちゃんの遺体(いたい)を焼く気になれず、一緒(いっしょ)に遊んでいて死んだ近所の女の子と手をつながせ、焼け()げた三輪車と共に庭に埋葬(まいそう)しました。
 その後、被爆40年目に墓所(ぼしょ)に移す決心をして()り起こし、葬式(そうしき)をしました。
路子ちゃんと伸ちゃん
姉の路子ちゃんと伸ちゃん
1944(昭和19)年お正月撮影
鉄谷信男 提供

▼伸ちゃん一家の被爆(アニメ)
▼伸ちゃんの三輪車を見よう
▼もっとくわしく知るには

▲もどる