ぬけおちた(かみ)()
ぬけ落ちた髪の毛 被爆したところ:大手町7丁目(現在の3丁目)
爆心地から約800メートル
山下博子(ひろこ)寄贈
 大手町の自宅(じたく)で被爆した山下博子さん(旧姓(きゅうせい)吉田(よしだ)、当時18(さい))は、こわれた家の下敷(したじ)きになりました。弟の祐策(ゆうさく)さん(当時6歳)とともに瓦礫(がれき)の下からはいだし、はだしのまま火の手の上がる街から郊外(こうがい)へと()げました。
 博子さんは、両手、両肩(りょうかた)、両足にひどいけがを負っていました。一見元気だった祐策さんも、21日に(たお)れ、髪の毛が()け落ち、高熱が出た後、鼻から大量に出血して24日に死亡(しぼう)しました。
 博子さんの髪の毛も、祐策さんと同じ21日に、一気に抜け落ち、病状が悪化しましたが、なんとか命はとりとめました。これは、懸命(けんめい)看病(かんびょう)していた母親の恭さん(当時46歳)が、万が一を思って、(むすめ)の形見のつもりにと大事にとっておいたものです。
  ▼姉と弟(アニメ)
▼博子さん姉弟の逃げた道(アニメ)
▼弟の死(アニメ)

▲もどる