タイトル「爆風による被害」

爆発の瞬間、爆発(ばくはつ)点 には数十万気圧(きあつ)という
超高圧(ちょうこうあつ)がつくられ、
まわりの空気 が大きく膨張(ぼうちょう)して
強烈(きょうれつ)爆風(ばくふう)発生(はっせい) しました。
その圧力(あつりょく)は、爆心(ばくしん)から500メートルの所でさえ、
1平方メートルあたり19トンに(たっ)するという強大なものでした。
このた め、ほとんどすべての建物が ()しつぶされ、
人々も()()ばされ大きな被害(ひがい)をうけました。



<前半>
アメリカの核実験の映像
「バスター/ジャングル作戦」1951年、
「タンブラー/スナッパー作戦」1952年から
<後半>
「米国戦略爆撃調査団撮影フィルム 物理編」から

▲前の展示を見る
▼次の展示を見る