タイトル「放射線による被害」

原子爆弾(ばくだん)特徴(とくちょう)は、
通常
(つうじょう)
爆弾(ばくだん)では絶対(ぜったい)におこらない
放射線(ほうしゃせん)影響(えいきょう)によって、
人体に大きな障害(しょうがい)が加えられたことです。
爆心(ばくしん)地から約1キロメートル以内にいた人は致命的(ちめいてき)影響(えいきょう)を受け、その多くは数日のうちに死亡しました。
放射線(ほうしゃせん)影響(えいきょう)は、被爆(ひばく)後の急性障害(しょうがい)だけでなく、その後の長期にわたって様々な障害(しょうがい)を引き起こしました。
「原爆後障害(こうしょうがい)」と言われる白血病やガンなど様々の症状が
2・3年ないし10数年の潜伏(せんぷく)期間を()て発生し続けるなど、
被爆者(ひばくしゃ)の健康を今日もなお、むしばんでいます。
▲前の展示を見る
▼次の展示を見る
展示一覧を見る