熱線による人的被害(じんてきひがい)
熱線による人的被害(じんてきひがい)
写真を見る

人が身にうけていた衣服は、強烈(きょうれつ)な熱線によって焼け()げました。多くの人たちが、血みどろになったボロボロの衣服を、わずかに身にまとい、瓦礫(がれき)の街を()(まど)ったのです。被爆(ひばく)当日、約35万人の人たちが直接(ちょくせつ)被爆(ひばく)したと推定(すいてい)され、約14万人の人たちが、その年のうちに()くなったとみられています。その中には、建物疎開作業現場(たてものそかいさぎょうげんば)に動員されていた、多くの中学校などの生徒たちも(ふく)まれています。

 
▲前の展示を見る
▼次の展示を見る

展示品一覧を見る
本館TOPへ戻る