防空頭巾(ぼうくうずきん)
防空頭巾(ぼうくうずきん)


寄贈者:小田 久作 氏
被爆場所:大須賀町(おおすがちょう)(現在の松原町)
爆心地からの距離1,700m

広島鉄道局施設部(てつどうきょくしせつぶ)建築課に(つと)めていた小田久作さん(当時46(さい))は、出勤(しゅっきん)途中(とちゅう)大須賀町(おおすがちょう)の広島鉄道病院正門前で被爆(ひばく)しました。制服は背中部分(せなかぶぶん)が焼けてなくなり、(かた)にかけていた防空頭巾(ぼうくうずきん)も焼けました。

 
▲前の展示を見る
▼次の展示を見る

展示品一覧を見る
本館TOPへ戻る