ピックアップ
広島平和記念資料館 令和4年度第1回企画展

爆心直下の町

―細工町・猿楽町―

 通りに面した病院の前に立つ爆心地の説明版。 現在も島内科医院として続く島病院の上空600メートルで原爆がさく裂したことを伝えています。 そこから北西に160メートル離れた場所に立つ原爆ドーム。 被爆当時、広島県産業奨励館と呼ばれ、ドーム部分の鉄枠と壁の一部をとどめる姿が、被爆の惨状を訴えています。 島病院と広島県産業奨励館は、それぞれ細工町、猿楽町と呼ばれた町にありました。
 企画展では、この2つの町に焦点をあて、被爆前の町の様相、原爆による破壊、再建に向けた歩みを当時の写真や遺品、住民の方の証言を交えて展示します。

資料館ウェブサイトへ

◇ 期間  2022年 9月16日(金)~ 2023年 2月13日(月)
◇ 場所  広島平和記念資料館 東館1階 企画展示室
◇ 入場無料

【お問い合わせ】 広島平和記念資料館 学芸課
TEL(082)241-4004
公益財団法人 広島平和文化センター
〒730-0811 広島市中区中島町1番2号
 TEL (082)241-5246 
Copyright © Since April 1, 2004, Hiroshima Peace Culture Foundation. All rights reserved.