ピックアップ
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 企画展

震えるまなざし

―撮影者たちが残したことば―

 1945年8月6日、広島に原爆が落とされた時、湧き上がるキノコ雲をカメラに収めた人たちがいました。 それが世界で最初に使用された原子爆弾によって起こされたことを知る由もない中、撮影者は眼の前で起きているとてつもない光景に向かって、「カメラを持っていれば、真実としてそういうものを撮りたい」(深田敏夫、当時16歳)と、本能的にシャッターを切ったのです。
 軍所属のカメラマン、写真館の店主、新聞社に勤務する中学生等、全く異なる職業や立場の撮影者たちが、目をそらしたくなる気持ちを押し殺しながら、ファインダーに映る被爆後の悲惨な状況をいかにしてフィルムに収めたのか。 そしてその体験を、彼らの鋭い描写力でどのようにことばに表したかを明らかにします。

祈念館ウェブサイトへ

◇ 期間  令和4年(2022年)3月1日(火)~ 12月29日(木)
◇ 場所  追悼平和祈念館地下1階 情報展示コーナー
◇ 入場無料

【お問い合わせ】 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
TEL(082)543-6271
公益財団法人 広島平和文化センター
〒730-0811 広島市中区中島町1番2号
 TEL (082)241-5246 
Copyright © Since April 1, 2004, Hiroshima Peace Culture Foundation. All rights reserved.