東日本大震災にみまわれ亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 本財団では、義援金のための募金箱を、平和記念資料館、国際会議場、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に設置しております。 皆様のご協力をお願いいたします。

ピックアップ
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 企画展
『原爆の子 広島の少年少女のうったえ

企画展チラシ(PDF/454KB)
 昭和20年8月6日、一発の原子爆弾により、広島の街は一瞬にして破壊され、多くの尊い生命が無差別に奪われました。
 被爆から6年、広島の街が復興へと歩む中、子どもたちが書いた被爆体験記集「原爆の子 広島の少年少女のうったえ」が出版されました。
 帰らない父母を待ちながら「お父ちゃん、お母ちゃん」と泣いた日々、二度と会えなくなったやさしい兄や姉、かわいい弟や妹たちの思い出。
 今回の企画展では、今も読み続けられている被爆体験記集を紹介し、子どもたちが体験した戦争や原爆の悲惨さ、平和への思いを伝えます。
 被爆者の「こころ」と「ことば」にふれてください。
  詳しくはこちら>>
お知らせ
入札結果を掲載しました。(平和首長会議情報システムの構築業務)
(2014年10月22日)
入札結果を掲載しました。(スペインでの「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」開催に係る被爆資料等輸送業務(美術品取扱業務))  (2014年10月21日)
本財団事業報告『平和と交流 2014年版(平成25年度事業報告)』を掲載しました。  (2014年9月25日)
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館企画展 『原爆の子 広島の少年少女のうったえ』 を開催します。  (2013年12月27日)
 
公益財団法人 広島平和文化センター
〒730-0811 広島市中区中島町1番2号/TEL (082)241-5246 FAX (082)542-7941/ メールでのお問い合わせはこちら
Copyright © Since April 1, 2004. Hiroshima Peace Culture Foundation
センターへのアクセス
一覧を見る